2008年09月12日

焼酎の賞味期限

焼酎ブームも若干下火ですが、これから焼酎を始めたいという人もいるかと思います。
今日のお話はそんな、焼酎初心者の方に読んでもらいたいです。

既に日本酒の楽しさを知っている人なら焼酎もすんなりと馴染めるでしょう。
米焼酎は日本酒とさほど風味が変わるものではありません。
日本酒に抵抗のない人は、米焼酎から入ればほとんど抵抗なくはじめられるはずです。

焼酎にもまろやかなものやフルーティーなものなど、いろいろな種類があります。


また、仮に日本酒を普段飲まない人でも、米焼酎ならクセが少ないので、焼酎の入門用としてはよい選択になると思います。
まずは米、その後、麦、芋と進んでいくのが一般的のようです。


芋焼酎は麹の違いで風味が変わる焼酎です。
白麹、黄麹、黒麹、といった麹の種類があります。
白麹は香りがやさしく、独特のにおいをもつ芋焼酎でも抵抗が少ないでしょう。
慣れてきたら黄麹、黒麹とだんだん重い風味の芋焼酎に移っていくとよいでしょう。

初めての飲み方としては、まずはロックで風味を弱めにして慣れるとよいです。
その後に人肌の温度、熱燗と、風味をより感じられる温度で飲むのがよいでしょう。


とにかく芋焼酎は初めての人には風味が強すぎることが多いようです。
芋焼酎が苦手という人もこのように徐々に慣れていくことで自然と風味を受け入れられるようになります。
どんどん香りが強い焼酎でも飲めるようになるでしょう。
逆に風味がやわらかく、さっぱりした焼酎では物足りなくなることもあるかもしれません。


焼酎は飲む人によって好みがかなり分かれる飲み物です。
また、飲む場所、時間、体調などによっても、おいしいと感じるかそうでないかが違ってきます。
自分に合った焼酎は自分にしか選ぶことができません。

まだ焼酎を飲んだことない人も、ぜひ自分に合った焼酎を見つけてみませんか。

posted by sho-tyu at 19:18| 焼酎の賞味期限 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。