2008年09月12日

焼酎愛子

今回は焼酎の中でも特に「愛子」という銘柄をご紹介します。

愛子は、鹿児島県屋久町の三岳酒造で造られている芋焼酎です。
愛子という名称は世界遺産の屋久島にある「愛子岳」から名付けられました。
ラベルには愛子岳の雄大な姿が描かれています。

愛子岳は古くから屋久島の山岳信仰の対象として崇められてきました。
五穀豊穣や無病息災を祈り、今でも多くの人が愛子岳におまいりします。

芋焼酎の愛子は、その愛子岳のある屋久島の水と鹿児島県産のサツマイモを使って造られています。
飲んでみると意外とライトな味わいに感じますが、芳醇でやわらかい香りの中には確かな芋の甘みが感じられます。

愛子は蒸留法として減圧蒸留方式を利用して作られています。
愛子のマイルドさは温度が低いうちに沸騰する減圧蒸留に由来するもので、すっきりとした飲み口のよい味わいに仕上がります。


さて、この「愛子」は、皇太子殿下のご息女愛子様が誕生した時に皇室に献上されたことで一躍有名になりました。
もともとは1999年12月に販売元の寺田商店が製造を依頼するかたちで造られた焼酎です。

愛子様の誕生をいっしょに祝いたいと購入する人が急増し、現在は一人2本までの注文に制限されています。
それでも届くのは1年先だとか。

それだけ長い間待って、やっと手に入れた愛子の味は格別でしょう。

飲み方はロック、水割り、ストレート、お湯割りと、どのような飲み方でもおいしく楽しめます。
ストレートで飲むと芳醇な香りと甘みを直に舌で味わえます。
ストレートでも飲みやすいのが愛子の特徴です。

ロックで飲むと、香りが抑えられるため味がマイルドになります。
後味にほんの少し苦みを感じるため、甘いだけでない、キレの良さが、すっきりとした味わいを演出してくれます。

逆にお湯割りで飲むと香りが引き立ちます。
こちらも味わいはまろやかで飲みやすい飲み方です。

ラベル:愛子 屋久島
posted by sho-tyu at 19:32| 焼酎愛子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。