2008年09月13日

そば焼酎

焼酎ブームは若干落ち着いてきたとはいうものの、まだまだその人気は続いているといってもよいでしょう。
今日はそんな中から人気のそば焼酎をいくつか紹介します。
焼酎といったら米、麦、芋が有名ですが、蕎麦焼酎もその香りなどから人気のある焼酎の一つです。


まずは高千穂酒造の「刈干」です。
厳選されたそばのみを使用したそば焼酎です。
刈干は地元阿蘇山の天然水で仕上げた逸品なのです。


次に雲海酒造の「吉兆雲海」です。
黒麹と日向灘の黒潮酵母を使っています。
黒麹のイメージからは考えられない爽やかでメロンのようなあまい香りです。
柔らかな口当たりと、さわやかな甘みが特徴のそば焼酎です。


アサヒビールの「玄庵」は、軽く爽やかな口当たりを醸し出す「減圧蒸溜法」を使ってつくられたそば焼酎です。


喜久水酒造の「信州白峯」
樫樽長期貯蔵の熟成原酒をブレンドして、中央アルプスの天然水を割り水に使用しています。
瑞々しいそばの香りを引き出す「常圧蒸溜法」を用いたまろやかで口当たりスッキリとした焼酎です。


千代むすび酒造の「すいちょう」
鳥取県日野郡産のそばを使用して、昔から伝わる伝統の製法で造っています。
そばのここちよい香りが漂ってきます。


雲海酒造の「雲海」
あのテレビCMなどでおなじみの雲海は、そばの本来の味わいを十分に引き出し、さわやかでまろやかな飲み口が特徴です。

姫泉酒造の「そば黒 御幣」です。
姫泉酒造は創業天保年間という歴史ある酒造です。
そば黒という名の通り黒麹を使って造られています。
そばの風味を活かしつつ、ほのかな甘みも楽しめる焼酎です。


京屋酒造の「泰斗の鳳駕」。見慣れない言葉ですが「たいとのほうが」と読みます。
ちなみに泰斗とは、その道の大家のことを指します。
伝承の製法で蕎麦の実を仕込み、蕎麦の甘い香りと軽快な香りが楽しめる逸品です。


まだまだこのほかにも様々な種類のそば焼酎があります。
蔵元によって風味や味わいが違いますので、飲み比べして自分に合ったものを探しましょう。

posted by sho-tyu at 07:56| そば焼酎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。